スポンサーリンク

ネバネバ野菜の代表5種類とその他新顔、疲れが取れて免疫力アップ!?

独特の粘りと食感があるネバネバ食材。
このネバネバには、免疫強化など夏バテ防止に役立つ成分が入っているんです。

ネバネバ食材の代表といえば、納豆ですね。
ただこちらは野菜ではないのでこの記事では触れません。

ねばねば野菜の代表とその他種類と驚きの効用をご紹介します。

スポンサーリンク

ねばねば野菜の代表オクラとその他主要なものは

オクラ


出典:写真AC

アフリカ原産のアオイ科の野菜です。
収穫後も成長を続けていくので、先端の方からだんだん筋張り固くなっていきます。

おすすめの調理法は天ぷらです。

モロヘイヤ

3. モロヘイヤ


出典:Yahoo!ショッピング

中近東が原産地であるモロヘイヤは、砂漠地でも生育する生命力の強い野菜。
エジプトでは5000年以上前から栽培されていて、難病を抱えどんな薬を飲んでも治らなかった古代エジプトの王様がモロヘイヤのスープを飲んで治ったことから「王様の野菜」とも呼ばれています。

調理法は、葉を茹でてから包丁で刻むとぬめりが出てくるので、出汁でのばして豆腐やきゅうりにかけたり、そのままスープに入れます。天ぷらもおススメです。

里芋(さといも)


出典:Yahoo!ショッピング

10. 里芋(さといも)
いも類の中では、里芋は非常に低カロリー。ダイエット中の方なら、里芋を活用すればカロリー摂取を抑えられます。また火を入れると、ネットリした強い粘りが生まれます。
調理法は甘辛い味付けで煮絡めたり、塩で食べるのもおススメです。

長芋(ながいも)

8. 長芋(ながいも)
出典:wikipedia
山芋(通称ヤマイモといわれるヤマトイモ)の種類の中でも一番多く流通しているのが長芋で、中国原産です。
色白できめはやや粗め、アクが少なくシャキシャキした歯ごたえが特徴です。
調理法は輪切りにしてフライパンで焼くか、すりおろしてご飯やマグロのお刺身にかけるのもおススメです。

自然薯(じねんじょ)

9. 自然薯(じねんじょ)
出典:写真AC
山芋の中でも日本原産で山野に自生し最も粘りが強いのが自然薯です。。野生種のため収穫するまでに3〜4年の歳月がかかり貴重な食材です。
そのため値段も高めですが、長さは60センチ〜1メートルと非常に長いのが特徴です。
自然薯は、消化酵素のアミラーゼを多く含むため、消化不良を起こしやすい夏場の胃腸をサポートしてくれます。
また、ビタミンEを非常に多く含むので、免疫力を高める効果も期待されます。
調理法はすりおろしたり、出汁を加えながらとろろにするのがおススメです。

その他の6種類(新顔や流通量が少ないもの)

 金時草(きんじそう)

4. 金時草(きんじそう)
東南アジア原産です。
葉の表側は緑色、裏側は赤紫色。茹でるとワカメの様にヌメリが出ます。強いアクも苦味もないので食べやすいです。夏バテ予防や紫外線からのダメージ対策にも効果があるといわれています。
金時草という名前は金沢のもので、他の地方では別の名前で売られている伝統野菜です。
調理法はお浸しにしたり、天ぷら・炒め物などもおススメです。

つるむらさき

2. つるむらさき

出典:Yahoo!ショッピング
味はホウレンソウに似て夏が旬の野菜です。葉と茎を食用にします。全体的にモロヘイヤに似ています。
調理法は茹でてからお浸しや和え物にしたり油で炒めるのがおすすめです。
ただし加熱調理はビタミンが壊れやすいため、できるだけ短時間で処理してください。

明日葉(あしたば)

出典:Yahoo!ショッピング

房総半島から伊豆諸島、紀伊半島の太平洋岸に自生する日本原産種の山野草です。サプリメントとしても利用されています。
「今日、葉を摘んでも明日には芽が出る」ことから明日葉と名付けられたほど丈夫な野菜です。

調理法はスープや炒めものなどがおススメです。

オカワカメ(雲南百薬)

南アメリカ原産とされるツルムラサキ科の野菜です。別名「雲南百薬」といわれるほど栄養豊富で気温や湿度が高い場所で成長します。。宮古島などで栽培されています。

調理法はさっと茹で、おひたしや白和えがおススメです。

おくらの新芽

6. おくらの新芽
おくらの新芽は、シャキシャキ、ネバネバした食感が特徴です。茎にもかすかな産毛が生えています。スプラウトとして開発されたことで、新顔野菜として一年中安定して栽培が可能です。
調理法は湯がいてお浸しにしたり、和え物などがおススメです。

丸オクラ(島オクラ)

5. 丸オクラ(島オクラ)
角ばっていない丸いオクラで沖縄では島オクラとも呼ばれています。実が柔らかく、ガクを取り除けば、茹でずにそのまま生食が可能。通常の角オクラより粘りは強く、ほんのり甘みがあります。また、収穫が遅れて多少大きく成長しても硬くなりにくいのも特徴の一つです

調理は湯がいたり、サラダにしたり、もずくなどと和えのがおススメです。

ねばねばのもとは

ねばねばのもとは食材によって異なります。

モロヘイヤ・山芋・オクラなどの野菜や里芋のぬるぬるはムチンです。

ムチンは粘膜を保護する働きがあり、消化や胃壁の修復を助ける事から夏バテなどで弱った胃や腸を優しく修復してくれ、たんぱく質の分解を助けてくれるため消化促進になり、胃の働きをさらに良くしてくれるます。

またネバネバの成分は保水力に優れているため健康な肌を維持し、細胞を活性化させるため美容や老化予防に役立ちます。

余談ですが、海藻などのネバネバの正体はフコイダンやアルギン酸。
フコイダンは即効性の胃腸保護効果、アルギン酸は疲労回復や成人病予防の効用があります。

まとめ

ねばねば野菜はそのねばねば感から、好き嫌いが激しいようです。

ただ、胃壁を丈夫にして、消化にもいいので、夏バテの回復にはもってこいです。

ぜひ、喰わず嫌いならば挑戦してみてください!

野菜
スポンサーリンク
シェアする
口福は、まっとうな食材プラスひと手間から

コメント