スポンサーリンク

アクアAQUAの単機能レンジ「四ツ星レンジAQM-KF20P」とパナソニック「NE-FL1-W」の比較レビューと口コミ

あなたは解凍と再加熱だけできればいいけど、性能が良い電子レンジを探していませんか?

この記事は、そんなあなたのニーズに応えます。
アクアAQUAの「四ツ星電子レンジ AQM-KF20P」は、解凍と再加熱に特化した単機能電子レンジです。他の電子レンジと比較してその特徴を解説します。

スポンサーリンク

アクアAQUAの「四ツ星電子レンジ AQM-KF20P」の特徴

四ツ星電子レンジ AQM-KF20Pは、解凍と再加熱に特化した電子レンジです。高性能な赤外線センサーにより、食品を最適な温度で自動的に解凍・再加熱することができます。
また、ボタンを押すだけで、冷凍食品を自動的に再加熱することもできます。

具体的には、以下の特長があります。

  • 赤外線センサーと独自の解凍プログラム「四ツ星解凍」を搭載したのが特徴。「四ツ星解凍」では、従来は一定だった出力を4段階に可変し、素早く新鮮に食材を解凍することができる機能。加熱のしすぎや、加熱不足を防ぎ、ちょうどよい解凍を自動で行えるます。
  • 解凍機能には、ひき肉、ブロック肉、刺身、魚の4つのモードがあります。
  • 「冷凍食品あたため」ボタンを搭載。
    冷凍食品のパッケージに書いてある時間・出力(W)設定が不要となり、食品をレンジに入れて「冷凍食品あたため」ボタンを押すだけで、簡単・手軽においしく冷凍食品を温めることが可能です
  • インバーターを搭載しており、最大900Wを3分間持続して出力することが可能。ごはんやおかずを素早くムラを抑えて自動で温められます。

また、四ツ星電子レンジ AQM-KF20Pは、以下の点にもこだわっています。

  • シンプルな操作性:ボタンを押すだけで、簡単に解凍・再加熱することができます。
  • コンパクトなサイズ:キッチンに置きやすいサイズです。
  • スタイリッシュなデザイン:キッチンに馴染むデザインです。

出力は、900W(最大3分間)、600W、500W、200W相当、100W相当。

フラット庫内縦開きを採用。
庫内容量:20L
消費電力は1350W。
本体サイズは472(幅)×300(高さ)×354(奥行)mm。
重量は約10.6㎏。
ボディカラーはブラック。

四ツ星電子レンジ AQM-KF20Pは、忙しい人や、解凍・再加熱を簡単にしたい人におすすめです。

アクアAQUAの「四ツ星電子レンジ AQM-KF20P」の口コミ

発売間もなくなので口コミはまだ見られなかった。

投稿され次第、調査していきます。

アクアAQUAの「四ツ星電子レンジ AQM-KF20P」とパナソニック「NE-FL1-W」との比較

単機能レンジで庫内容量がほぼ同じで、人気が高いパナソニック製品と特長を比較してみます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パナソニック|Panasonic 単機能レンジ ホワイト NE-FL1A-W [22L /50/60Hz]
価格:17,970円(税込、送料別) (2024/3/30時点)

楽天で購入

 

 

パナソニック「NE-FL1-W」との大きな違いは

 

アクア パナソニック
型式 AQM-KF20P NE-FL1-W
センサー 赤外線センサー 蒸気・湿度センサー
解凍 自動 解凍g設定必要
ドアタイプ 縦開き 横開き
ボディカラー ブラック ホワイト
庫内容量 20L 22L
消費電力 1350W 1400W
本体サイズ 472(幅)×300(高さ)×354(奥行)mm 488(幅)×298(高さ)×380(奥行・ハンドル除く)mm
重量 約10.6㎏ 約9.5㎏

 

まとめ

レンジの解凍・再加熱に簡便さや機能性を求めるならばアクア製品で、
価格を重視する場合はパナソニック製品になります。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AQM-KF20P-K アクア 電子レンジ 20L ブラック AQUA 四ツ星レンジ [AQMKF20PK]
価格:27,280円(税込、送料別) (2024/4/3時点)

楽天で購入

 

 

 

コメント